私たちについて

平成25年8月、猟友会員の有志が共同で、信州富士見高原ファームを設立しました。
信州富士見高原ファームでは、これまで狩猟や有害鳥獣駆除で捕獲され、有効に活用されていなかった
シカ・イノシシを重要な地域資源として注目し、
安全・安心でおいしい富士見産ジビエとして商品化しています。

【信州富士見高原ファーム概要】
所在地(加工場) 〒399-0211
長野県諏訪郡富士見町富士見6666-1588
代表責任者名 戸井口 裕貴
設立 平成25年8月26日
業種 肉加工品製造業
営業開始日 平成26年11月21日
アクセス

※お越しいただく際は、事前にご連絡ください。

【食肉処理施設概要】本施設は、信州ジビエ衛生管理ガイドライン・信州ジビエ衛生マニュアルに沿った食肉処理を行っています。
また、信州産シカ肉認証制度
(マニュアルに沿った適正な処理・加工・販売を実地している施設から出荷されるシカ肉を認証する制度)
の認証を取得しました。
施設床面積 約93㎡
処理量 4頭/日
認証取得のための導入機器
  • 金属探知機
  • ラベルプリンター
  • オゾン水
  • オゾン発生器